当院のドクターご紹介

院長・医学博士 横山淳一,2012-2013 Best Doctor in japan
ごあいさつ

35年以上にわたって、糖尿病をはじめとした代謝性疾患・内分泌疾患を 中心に向き合って診察してきました。
このたび40年近く勤務した東京 慈恵会医科大学を定年退職後、ジョギングする人たちがたくさん行き来する 緑いっぱいの駒沢公園の近くに、オリーヴァ内科クリニックを開院しました。
オリーヴァOlivaは、オリーヴ樹の実を意味するイタリア語です。 オリーヴは古代より人々の傷を和らげ、香り高く貴重な油にもなり、地中海 文明を支え、オリーヴの樹は神からの授かり物として崇めたてられてきました。
生活習慣に密接して発症・悪化する病に、オリーヴ樹の恵みを活かし、悩める 人に寄り添った診療を心がけると共に、働き盛りの多忙な人々にも、最新の治療を効率よく提供する診療体制で貢献したいと思います。

主な学会・研究活動

  • 日本内科学会認定医
  • 日本糖尿病学会認定医、指導医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本内分泌学会認定 内分泌・代謝専門医
  • 日本温泉気候物理学会認定 温泉療法医
  • 日本医師会認定産業医

院長経歴

1973年
千葉大学 医学部卒業
1975年
東京慈恵会医科大学附属病院にて卒後研修終了
1981年
University of California,Los Angels(UCLA)医学部内分泌教室留学
1983年
国立療養所東栃木病院 内科医長
1988年
東京慈恵会医科大学 内科学 講師
2000年
東京慈恵会医科大学 付属第三病院 糖尿病代謝内分泌内科 診療部長 兼務
2006年
東京慈恵会医科大学 内科学 教授
2013年3月
東京慈恵会医科大学 定年退職
2013年4月
オリーヴァ内科クリニック開設

出版物